So-net無料ブログ作成

世田谷長屋暮らし [happy]


マンションの上階のおじさまから、時々収穫したばかりの新鮮野菜が届く。

今回はエシャロット、さやいんげん2種、じゃがいも。

20180627_020923348_iOS.jpg

丸々太って強烈な香りのニンニクばかり20個ほど頂いた日もあったが、これまで頂いたものがあまりに多すぎてもう思い出せない。



くるみ割り奥様

アパレルのお仕事を定年まで勤め上げた後、農業大学で本気の園芸を学ばれて、学校の畑で食べきれないほど採れたものを我が家におすそ分けしてくださっているのだ。

来客時にお届けにみえたこともあり、お客様から「昼採り有機野菜の産地直送なんて、都会じゃなかなかないですよ!」と本気で羨ましがられたこともある。


おっとりした奥様が「この人は農夫なんです」と微笑んでいたが、枯死したマンションの植え込みの一角も、彼が見事に色とりどりの花で蘇らせてくれた。


真っ黒な髪にあまり皺のないお顔で、「どぅっもー!」とスタスタ歩かれる様子は、七十代のはずなのにどう見ても五十代で、

そしてなんという不思議なご縁か、私の都立高校の大先輩であった。お互い昔の学区と違うところに住んでるのに。


そういえばあるときから、上階の方から早朝に20分ほど、ドンドンドンとトレッドミルで走るような音が聞こえるようになった。

睡眠を妨げられるしかすかに振動もするので、イライラとしながら毎日音がやむのを待っていたのだが、ある時さすがに耐えきれず、新鮮野菜を持ってきてくれたその大先輩に「こんな音を最近聞くんですが、正体知りませんか?」とたずねてみた。

するとなんと

「すみませんね、うちの家内が胡桃を割っているんですよ」とおっしゃる。


あの小柄でおっとりした奥様が、毎朝胡桃を叩き割っている


(どんだけ頑丈な胡桃なんだ)


途端に、奥様が地面に胡桃を打ち付けているリスに思えてきて、無類のげっ歯類愛好家の私には、その音が一気に愛おしいものになった。



アダムスファミリー的ワケあり住人(自分たち含む)

うちのマンションは、キリストダンナが結婚前に一人用にと買ったもので、どの家も部屋数があまり多くなく、いわゆるファミリー物件ではない。戸数も少ない。リノベーションをしたものの、かなり古い。


以前、有吉ジャポンで「ロン毛おじさん」というテーマの回に渋谷でキリストダンナが声を掛けられ、我が家に取材班が来たことがあったのだが、放映後に2ちゃんねるで「家が狭くて好感度が高い」という、けなしているのか褒めているのかわからない、なんとも微妙なコメントもいただいた。

10380977_930339493658500_8190101997691800199_n.jpg


分譲世帯は、子供を望まない私たちを筆頭に、昔離婚して現在は優雅な独身貴族という方や、旦那様を昔に亡くされてから黒衣で喪に服し続けるスタイリッシュな未亡人、愛人をされていたおばあさまなど、少しワケありの方たちがマイペースに暮らしている。


現在ここに住み始めて10年強だが、震災の年にこの小規模マンションにおとずれた大規模修繕の理事長を拝命したキリストダンナが、ミーティングを重ねているうちにすっかり彼らと仲良くなった。

といっても、そこは都会らしく、お互い深くは踏み込まず、ほどよい距離を保っている。



変わりゆく長屋

こうしてアダムスファミリー的にキャラの立った方々との長屋暮らしを楽しんでいたのだけれど、先日その素敵な未亡人が亡くなり、同じ時期にこのマンションを代表するような愉快でぶっ飛んだキャラの女性が、親御さんの介護のために引っ越していってしまわれた。


ずっとこの呑気な長屋暮らしが続くと思っていたのに、気がついたら少しずつ変化してきていて、賃貸物件も増え、見知らぬ若いカップルに遭遇するようにもなった。

最近、大先輩の奥様は体調を壊されているようで、その胡桃割りの音もあまり聞こえない。

ときどきあのドンドンドンという音と振動がやってくると、無性に嬉しい。



世田谷長屋暮らし。


私にとってはどんな高級住宅よりも貴重で心地よい。


20180627_021204261_iOS.jpg

これ美味しいのよー!早く食べないと湿気ちゃうわよー!と
くだんの愉快な彼女が餞別にくださったうちのひとつ、「ラッキーマヨネーズ」。

マヨネーズのパンチがはんぱなくて、ほんとに美味しかったです。



タグ:世田谷 長屋
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

独りで立ったら自由になれた [アダルトチルドレン]


私が最近ようやく「心の自由」を手に入れられるようになった、大きな要因。それは、


他人への精神的な依存をやめたこと。


いわゆる健全な人には当たり前のことだけれど、私はこれに気がつくのに、40年近くかかった。


24歳で一人暮らしを始めて独り立ちしたつもりでいたのに、自分のグラグラな心を支えてくれるものを常に探していて、本当に独りでは立っていなかった。

世間は恐ろしいところだと、それなのに私は何もできない人間だと、そう刷り込まれていたから、自分の何もかもに自信がなくて、いつも不安に苛まれていた。

ちょうどカリスマ的な魅力の人物がいつもまわりにいたから、私は次から次に自ら取り込まれにいっては、お伺いをたてていた。


でも、

他人に人生を委ねると、
他人に振り回されることになる。



私はますます自分を失っていった。


そんなとき、キリストダンナに「最近独立できてると思ったのに、また新しいカリスマに依存しはじめてるよ」と指摘された。

同じ時期に、イベントや制作をサポートしてくれていて私が依存しかけていた友人から「奈緒ちゃんは独りでできるんだから、独りでやりなよ」とも言われた。


このまま依存し続けたらダメになるなと頭のどこかで気がついてはいたけれど、さすがにもう限界にきたんだなとわかった。



そして、独りで立って歩くことを、私はついに決めた。

本当に怖かった。

でも、独りで一歩を踏み出してみたら、


そこにあったのは、

素晴らしい自由だった!


それまでカリスマにびくびくしながら逐一お伺いをたてていたのに、もう自分の心に聞けばいいだけになった。

嫌いなものは嫌い。好きなものは好き。
やりたいことだけやる。やりたくないことはやらない。


突然、ものごとがシンプルになった。


piramid1.jpg


以前、世間は一つの大きなピラミッドになっていて、その頂点には「大御所」と言われる人が君臨していて、その人が世間を動かしているのだと思っていた。

その人ににらまれたり、価値がないと思われたらもう終わり。


でもそんなものは存在していなかった。


「大御所」と言われる人はよく入れ替わるしたくさんいるし、色んな大きさや形のピラミッドが数えきれないほどあちこちにあった。

大きなピラミッドが突如崩壊したりもするし、大きなピラミッドにいた人が、小さなピラミッドを楽しそうに登っていたりする。



自分の足で歩き始めたら、そんな風景が突然見えるようになった。



40歳。一般的に言ったら気が付くのが遅かったけれど、人生を軌道修正するのには間に合った。

最近、ようやく自分が本当にやりたいことが固まった。

でもADHD的性格で、「これだ!」とひらめいても、興味の対象がどんどん移り変わっていく。

前はそんな自分の飽きっぽさに落ち込んでいたけれど、今はそんな性質もいとおしくなってきて「好奇心旺盛ですから」と開き直っている。



今は、
そのときそのときに自分のやりたいと思ったことをやるぞ

誰に何いわれたって構うもんか
と思う。



元来私は人と合わせられない性格で、いつもどんなところからもはみ出てしまって、それが自信を失わせる元凶になっていたけれど、合わせる必要なんかないと思ったら、気楽になった。


自分だけのピラミッドを作ってしまえ。

いや、どうせなら、

天邪鬼な私らしく上方向じゃなくて、穴を掘ってやれ。

piramid2.jpg


そう考えたら、なんだか無性に楽しい。


ただそうは言っても、人に褒められたらやっぱり嬉しいし、時々は昔の癖が舞い降りてきて人目が気になったりする。

でも、今はもうハッと気がつくことができる。



暇人だった先月には、自分で存在意義を積み上げられることにも気がついた。


そして、嬉しい副産物も。

堂々と自分のやっていることを人に話せるようになったら、面白がってくれる人が出てきて、色んなことが繋がり始めた。


こうなると自信がどんどん湧いて来る

世の中でのびのびと生きている人は、この自信増幅スパイラルの中にいたんだな。



今はカリスマに出会っても、前みたいに取り込まれない。ただただ素晴らしいと感動するだけ。



そして、こうなってから、色々なことが変わった。


少し前までは、イヤホンに大音量で音楽を流して、世界と隔絶しないと外を歩けなかった。でももう必要ない。


また、家に侵入されて必死で防戦しながら逃げ回る夢を、生まれてこのかた毎夜見ていたけれど、それもぱったり止んだ。



もう自分を守るために扉を固く閉めて隠れなくていい。


なんなら扉を開けっぱなしておいてもいい。


閉じるべきときは自分で決められる。


この変化は、独りで一歩を踏み出したことから始まった。


独りで踏み出すのは恐ろしかったけれど、そのご褒美に、素晴らしい心の自由が手に入った。

自分の主導権も取り戻した。




あなたもがんじがらめになっていたら、騙されたと思って、ぜひ独りでの一歩を。



世間は優しいところもある、なかなか楽しいところみたいですよ。



タグ:自由 依存
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ラッパー神主さんに連れられキリストとモスクに行く [出会い]

先日、ラッパーでもある神主さんに、キリスト旦那と一緒にモスクの金曜礼拝の見学に連れていっていただきました(色々カオス)。

20180608_050957657_iOS.jpg
麻布の奥に佇むモスクの正式名は、「アラブ イスラーム学院」。サウジアラビア王国大使館附属のモスクです。

礼拝が始まる時間が近づくと、大使館が密集しているエリアにあるため、あらゆる国の大使館関係者が次々に黒塗りの車で乗り付け、モスク前の狭い道が青いナンバープレート車で大渋滞。


そして、そこに一際にぎやかに現れたのは、かのボビー・オロゴン氏とご母堂でした。


嫁と勘違いされる事案が発生…!

なぜか成り行きで、同じく初めてこのモスクに来たらしいオロゴン母と、二人で迷いながら女性用の礼拝室へ向かうことになった私。

陽気なイメージのボビー氏と違い、物静かで威厳のあるオロゴン母は時折微笑みを向けてくれるも、言葉が全く通じないのでほとんど無言で進みます。

モスク2階の細長い礼拝室には10人ほどの女性が静かに座っていたのですが、日本人は私だけ。「何しにきたのかしら」という怪訝な視線もちらほらと。

礼拝のルールが全くわからないため近くの女性に訊ねるも、アラブの言葉を話されている方ばかりで英語が全く通じず。



軽い気持ちで見学しに来たものの、とんでもないところに来てしまったと急に心細くなり、小さくなっておりました。

しかし、そのうち少し前方に座っていたオロゴン母がおもむろに振り返ると、バッグから綺麗な水色のヒジャブを取り出し私に手渡してくれました。


被り方がわからず、ずり落ちるそのヒジャブを必死に両手で押さえながら、見よう見まねで他の人の仕草を真似ていたら、次第に周りの女性たちも私を受け入れてくれるような空気になり、1時間弱の礼拝の終盤には優しいおばあさまにハグをしてもらえるまでになりました。


ほんのりと心があったまってきた頃、無事に礼拝が終了。

「モスクを出るまでヒジャブをそのまま被っていなさい」と手振りで伝えてくれたオロゴン母にしたがって横におとなしく立っていたところ、インドネシア人のスタッフの女性がどこからかやってきて、私たちを礼拝堂の外までエスコートしてくれました。


しかし、ボビー氏がオロゴン母を車で迎えにくると、なぜか私まで車に乗せようとするスタッフの女性。

私が「ノーノー!中にいるダンナを待たないと」と言うと、しばらく目を丸くして固まった後、大笑い。


あなた、ボビーさんの奥さんだと思ってた!


とのこと。なんてこった。

どうやら、オロゴン母もスタッフの彼女も私も、まともに意思疎通ができる共通言語がなかったので、それぞれの解釈で行動していたよう。

勘違いは日常茶飯事の私ですが、このオチは想像していませんでしたよ…!

まあ実は私は私で、オロゴン母をボビー氏の奥さんだと最後まで思い込んでいたので、どっちもどっちですが。

しかし、まさかこんな勘違い事案が勃発していたなんて、当のボビー氏は想像すらしていないことでしょう。

20180608_051120658_iOS.png
一番左が本物の私のダンナ、通称キリスト。中央が、ラッパー神主のシシドさん、背広版。一番右が、カトリックからイスラムに改宗されたぶっとんだ司祭のような方、ラマダン中でした。


イスラム文化へ俄然興味が

しかし、モスクのスタッフさんの皆さんは、良い意味でとてもお節介の方ばかりで、あれやこれやと教えてくれて、すっかりイスラム教に親近感を感じました。



聞けば、「イスラム教は、来た人は誰でも受け入れる寛容な宗教」とのこと。

ISなどの一部の過激なグループのせいでイスラム教全体が色眼鏡で見られがちですが、あのような排他的な考えは特殊で、本来は他宗教の人間をも寛容する、包容力にあふれた宗教だというのです。


実は最近、昨年マレーシアに行ってイスラム教に触れたり、シンガポールでイラン人の友人が出来たり、イスラム教に身近に触れることが増え、イスラム文化への関心がとても高まっていました。

マレーシアでは滞在したホテルの近くにモスクがあったため、日の出とともに大音量で流れる礼拝への呼びかけの歌に起こされて毎日寝不足になっていたのですが、それでも1日5回流れてくるその声に不思議と心が洗われていました。



世の中をよりフラットで見られるようになるためにも、自分の価値観の幅を広げたい、ひっくりかえしたいと常々思っているのですが、これからは今まで触れていなかったイスラムの世界にもう少し触れていってみようと考えています。


それにしても、新しい技術をどんどん取り入れて進化し続けるイスラム教。完全に暗記している人は世界でもとても少ないという分厚いコーランが、なんと「Quran Explorer」という携帯アプリになっていました。

コーラン界の大スターの生歌も再生でき、英語での対訳や、索引検索も完備。今や若い方には、これがスタンダードなようです。おそるべき合理性。学ぶところが多そうです。



ノマドなラッパー神主

ちなみに、今回私たちをモスクへアテンドくださったのは、ラッパーでノマド神主のシシドヒロユキさん。

15歳でラップにめざめ→SFC→博報堂→國學院→神主という超変わり種。言葉に一家言を持つ彼が「大和言葉」にフォーカスした『シン・ヤマトコトバ学』も、ただいま発売中です。

現在は古式ゆかしいイメージの神社も、もともとは当時最先端だった唐の文化を柔軟にリミックスして取り入れて発展してきたイケてる存在だったそうで、その精神を取り戻すため、シシドさんは次々と新しい試みを仕掛けられています。クラブイベントでも祝詞をラップし、踊ります。

どこかでお見かけしたら、ぜひお話を聞いてみてくださいね。


シン・ヤマトコトバ学 (光文社新書)

シン・ヤマトコトバ学 (光文社新書)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: Kindle版




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

亡くなった5歳の女の子のメモを読んで [アダルトチルドレン]


亡くなった5歳の女の子のメモ

日経新聞夕刊で連載されている小説


こどもの虐待はいつもどこかで繰り返されている。


最近はだいぶ昔の記憶が薄れ、
「やるせないよね」という言葉を機械的に当てはめて、
他人事のように読んでいました。


しかし、いったん彼女の心に寄り添ってみようとしたら、
途端に自分の過去の傷に引き摺り込まれました。


愛に飢えて、
安全地帯を泣きながら探していたこどもの私。




彼女の両親の行為は、
心の余裕がなくてという性質のものではなく、
痛めつけることを目的したサディスティックなもの。



私とは到底比べられないレベルだったし、
心に余裕が出て気遣いをしてくれるようになって
ただのぶっ飛んで面白い人になった母のことは、
私は今では好きになっている。



でもやはり傷跡は残っていて、
きっと完全に消えることはなく、
こうしてこれからもときどき
何かのきっかけでスイッチが入るのだろう。


その傷と折り合いを付けるだけ。




私には、
虐待されている家庭のこどもを
直接的に救うことはできません。


でもそこから生き延びたこどもや、
こどもだった人に、
できることはある。




それが、今後の私の人生の使命だと思っています。




亡くなってしまった彼女が、
どうかどうか、
安らかに眠れますように。



虐待している親御さんへ。
傷は、
こうして大人になっても残って、
苦しめ続けます。



生き延びた方。
死なないで。
手を取り合って生きていきましょう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

VR散歩日記を始めてみました [VR]

先日の「ゴジラナイト」で、最近少し遠ざかっていたVRにひさびさに触れ、面白さや有意義さを思い出したので、Tumblrで「VR散歩日記」というものをつけることにしました。


スクリーンショット 2018-06-07 1.24.55.png
http://sawanao.tumblr.com/


リコー社製のTHETAで、私が歩いたところを360度動画で記録するだけのものですが、VRゴーグルで見ると一緒に歩いているような疑似体験をしていただくことが出来るものです。


■他人の人生を覗くこと

私は昔から、他人の生活が気になって仕方ありませんでした。

自分が嫌いで自分の人生に自信が持てなかったことも大きな原因だったと思うのですが、他人の人生はいつだってキラキラして見えました。

特にブラジルに住んでいたとき、マンションの私の部屋の向かいに見えたのは、大きなシダの鉢の横にカラフルなハンモックが天井からぶら下がった素敵なリビング。その家のほとんどの部屋にカーテンがなかったため、金髪の美しい女性が各部屋を行き交う様子もよく見えました。

治安が悪く、一人で外出もままならない異国人の無力なこどもの私には、その生活は夢のように映り、何時間も窓の鉄格子にかじりついては、その家の一員になった妄想をしていました。


人の生活を妄想することは、
「ヴァーチャルに想像する」こと。

まさに「仮想現実」。


「覗き」は違法でも、ゴシップニュースが無くならないように、「他人の人生を覗いてみたい」という欲求は、どんな人でも多少は心に秘めているはず。


そんな意味では、私は昔から心でヴァーチャルリアリティに親しんでいたとも言えるのですが、色々な国の色々な人の生活が、VRで垣間見られたら面白いだろうなあと思うのです。


私の動画日記は、延々と散歩風景を録画しているだけ。元気な方やいつもそこを歩かれている方には、きっとつまらないものです。

でも、入院していて外に出られない方や、海外に住んでいる方、また昔の私のように他人の人生を疑似体験したいと思っている方などには、ほんの少し楽しんでいただけるのではと考えています。


■慶応大学のラボ「EDGE」へ
さて、最初の動画にご協力いただいたのは、慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科で特任助教をされている広瀬毅さん。

20180606_170106217_iOS.jpg

実は、15年ほど前に全く違う仕事をしていた私の上司だった方で、先日この科の委員長で幸福学の研究をされている前野隆司先生とお会いしたご縁から繋がり、先日10何年ぶりにお会いする機会をいただきました。

世界は本当に狭い。

しばらく研究室でお話を聞かせていただいたあと、最先端の技術が試せる「EDGE」 というラボへ。3Dプリンターはもちろん、特殊なカッターや回路が印刷できるプリンターなどが所狭しと並べられ、技術好きな私には垂涎ものの施設でした…!

スクリーンショット 2018-06-07 1.57.05.png
http://sawanao.tumblr.com/post/174629571105/20180528-keio-university-keio-edge-lab-creative


■Youtubeにつまずく

しかし、「よし撮れた。公開しよう!」と勢いづいたのも束の間、今度はyoutubeの「ブランドアカウント」「チャンネル」などというよくわからない言葉の出現に阻まれることに。

しかし途中で放り投げそうになっている私に危機感を抱いたキリスト旦那が、youtubeに詳しい戸嶋一葉さんを紹介してくれました。もともとマイクロソフトにもいらっしゃった戸嶋さん。トンチンカンな質問を次から次に繰り出す私への辛抱強い指導のおかげで、無事VR散歩日記用のチャンネルを開設することが出来ました。
20180606_170207559_iOS.jpg
2017ミス日本酒 秋田代表」!「かずはの日本酒ちゃんねる」はこちらhttps://www.youtube.com/channel/UCxwvgwqmExiTNHgzj88HN7g

しかし、youtubeにアップロードした後、今度は3Dで見られないという問題が発生。一難去ってまた一難。結局、「ゴジラナイト」でお世話になった、エバンジェリストの高橋忍さんにも助けていただくことになったのでした。



新しいことをやろうとすると、
新しい問題にぶつかるのが世の常。

しかし、乗り越えたその先には、
新しい出会いが待っている。


予期せず、こんな教訓までも学べた、VR散歩日記開設準備でした。つまずくとすぐ心が折れがちな私ですが、山を乗り越えないと見えないものを見るためには、へこんでないで歩き続けないとですね。

しかし、こうして助けていただけるのは、本当に本当にありがたいことです。


■幽体離脱気分が味わえる
さて、実際に自分でゴーグルで確認してみると、こんなことに気がつきました。

よかった点
カメラを私の頭上10センチあたりで撮影しているので、ちょっとした幽体離脱気分が味わえること。真下を見下ろしても、そこにあるはずの体が無いので霊魂になったよう。これは予想外に面白い感覚でした。

悪かった点
激しく酔いました…。歩く振動でカメラが常に揺れているので、いわゆる「VR酔い」に。またカメラからYoutubeに転送した時点で、画質が大幅劣化してしまうことも発覚。

この2点は今後の要改善ポイントとして、どなたかに聞いたり、機材を買って改善していこうと思います。

これから2、3日に一度ほど、録画してアップロードしていこうと思いますので、「さわなおは今度はどこに行ったのかな」と時々いらしていただけますと幸いです。


■VRの見方

VRゴーグルやハコスコをお持ちの方;Youtube動画の右下に表示されるcardbordマークをクリックすると360度でご覧いただけます。

VRゴーグルをお持ちでない方;臨場感は出ませんが、Youtubeをアプリで開くと、ぐりぐり画面を触って視点を変えて楽しんでいただくことができます。Tumblrのアプリでは動かすのができないようです。

タグ:tumblr VR THETA
nice!(1) 
共通テーマ:アート

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。