So-net無料ブログ作成

人脈の「作り方」を古川享コーチに教わる [ADHD]

先日のお誕生パーティでコミュ障を発揮してズタボロになって帰った私をみかねて、一昨日、

パーティの中でスイスイ泳げるようになるためのスイミングコーチ役を」と、

古川享さんが素敵な場所に連れて行って下さいました。本当にありがたすぎます…泣


「昼スナ」という都会のオアシス

連れて行っていただいたのは、麻布十番にあるBarを木曜の昼から夕方まで借り切って開かれる、「昼スナ ひきだし」。

20180720_213749611_iOS.jpg

カウンターに座れるのは、12人のみ。ぎゅっと濃密な中で、肩書きも取り払って腹を割って語り合う、そんな都会の心のオアシスでした。

この日のママの木下紫乃さんは、このスナックの企画運営はもちろん、会社を立ち上げられて色々な企業のマネジメントトレーニングなどもやっていらっしゃる超エネルギッシュな方。

世の中の色々なものに絡め取られている人を解放したい!と熱く語られていて、もう全面的に私は共感してしまいました。

IMG_6260.JPG
最後の1時間はママサポートを。グラス洗うくらいしかお役に立てなかったのですが楽しかった…!


人間関係の構築ができない

私は、どちらかと言うとフレンドリーな印象を持たれることが多く、人間関係の構築が苦手と言うと、「またまたー」と言われがちです。

でも変に気を遣いすぎて帰宅して倒れ込んでしまうこともしばしば。基本的に一人でいるのが好きな人間です。


そしてADHDとアダルトチルドレンの結果ですが、人との適切な距離感もわかりません。話しすぎて引かれてしまうことも多々。

一対一はまだ良くても、人数が増えると、どう他の方と時間を配分してよいのか、どこまで深く踏み込んでよいのか途端にわからなくなり、もうお手上げです。

そんな私が、大人数のパーティに行った日には、名刺を沢山交換してそこそこお話をさせていただいてもそれっきり、ということがほとんどで、人脈づくりという言葉には苦手意識しかありませんでした。


古川さんはあまり語られない

でも、昼スナでの古川さんを見ていて、気がついたことがありました。

ガジェッターの古川さんはスピーカーを持参されていたのですが、その場を楽しませるために常にタブレットで選曲をされていて、そんなに多くは話されていないのです。

たしかにお誕生会でも、一人で端に腰掛けて、楽しんでいるみなさんを静かに眺めてらっしゃる時間が多くありました。

でも、それでも有名無名関わらず、みなさんが古川さんを慕って全国から集まってこられるのです。

もちろんこれまで築かれてきた並外れたご実績があるわけですが、それだけでは語れない空気がありました。


人脈は作るものではなさそう

たぶんそれは言葉にしなくとも古川さんから発せられている、周りをエンパワーしたいという温かい想いを、周りの人が自然にキャッチしているからだと思うのです。

昼スナに同席された方の中にも、私と同じく古川さんがお誘いされていらした方がいました。

昼スナ終了後、古川さんはすぐ別のイベントに行かれていましたが、そこにも沢山の同じような方がいらっしゃったはずです。

超多忙な毎日の中で、いったい古川さんはどれだけ多くの、自信を失ったり人生に迷子になっている人たちをエンパワーされていらっしゃるのか。

20180720_213852008_iOS.jpg
すごい方なのに、ときどき少年のようにひょうきんになられるところに、密かに萌えます。



話術を駆使して人と繋がるというよりも、生き様が人を惹きつけ繋がっていく。


人脈とは、その場で「作るもの」ではなく、時間をかけた積み重ねで「出来上がっていくもの」なのかもしれないと、振り返っているうちに気がつきました。


人脈づくりには色々なスタイルがあるのだと思いますが、古川さんはADHDの先輩として、こんなスタイルがあるよと示してくださったのだと思いました。


たとえ壁の花になっても

私は、これから、


たくさんの人と知り合うのでなく、数は少なくとも、がっちりと心が結びつけられるような地道な人脈づくりをしていこう。


興味を持ってあちらから来ていただけるように、細々ながら発信をこれからも続けよう。


たとえパーティでは壁の花になったとしても、それを恥じない自分でいよう。


パーティをスイスイと泳ぐ日はなかなか来なそうですが、端っこのレーンをヨロヨロと歩きながら仲間を探していこうと思います。


ズタボロになってよかった

でも、この何日かでの気づきとこの素敵な出来事は、キリストダンナと一緒に古川さんのパーティに行っていたら得られなかったことでした。

きっと一緒だったら、なんとなくみなさまと会話して、帰宅して、という感じだったことでしょう。

でも一人で行ってズタボロになったからこそ、古川さんにコーチングをしていただき、大きな気づきが得られました。


古川さんはきっと、自分のパーティで凹んで帰った人間がいたことに、責任を感じられてしまったのだと思います。

本当に申し訳ない思いですが、結果的に私はこんな素敵な経験をさせていただき、感謝しかありません。

だからこそ、私もこれから、いただいたエンパワメントの波を微力ながら繋げていこうと思います。


20180720_205130063_iOS.jpg
こんな名札を、先日のお誕生パーティ用に夜を徹して作られていたのです。参加者150人以上の全員分…!
残念ながら当日はPCアプリの不具合で簡易版になってしまったのですが、昼スナの日にいただいたので、喜んでずっとこれをつけておりました。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。