So-net無料ブログ作成

素敵なパーティで自己嫌悪にまみれたのちに再確認したこと [アダルトチルドレン]


先日、日本のIT界を牽引されてきた、サム古川さんこと古川享さんのお誕生会兼生前葬にお邪魔して参りました。

生バンドの演奏も入ったおしゃれな会場には、テレビをほとんどみない私でも知っている超有名な方がゾロゾロ。様々な業界の第一人者の方ばかりでした。


ダメすぎるコミュ障な私…

しかし、私はといえば、もともとキリストダンナを通じてお知り合いになりご招待いただいたのに、その彼が出張で参加できなかったこともあり、ほとんど知り合いがいないひとりぼっち状態。

コミュ障な私は、どうしてよいかわからずオロオロし、しまいに貧血を起こして、早々とお暇させていただく情けなさ。

パーティの機会をうまく生かされる方はきっとすいすいと人脈を広げられのでしょうが、せっかく古川さんが「この人と知り合うといいよ!」と事前に教えてくださっていたのに、私は全く生かせず自己嫌悪にまみれて帰宅しました。


後ろ盾がなくなったときの自分の価値

最近、キリストダンナのツテで、古川さんをはじめ、昔なら雲の上の存在だった素敵な方々にお会いできることが増えました。

しかし、それはあくまでも、私が彼のヨメであるからこそ。

それを常々自覚はしていたものの、いざ彼という後ろ盾が無くなったときの自分の無力さは想像を遥かに超えるもので、コテンパンに打ちのめされました。


しかし、しばらく落ち込んで頭を冷やしていると、人との関係性で自分の価値を決めるという長年の悪癖に再びとらわれていたことに気がつきました。

せっかく一月のシリコンバレー合宿でこの枷を外してもらったのに、油断すると、またすぐに飲み込まれてしまいます。


人から認めてもらったり、影響力を手に入れることは、もちろん渇望するものだけれど、それは自分のやりたいことを実現するための手段であって、ゴールではないはず。

人との出会いも、有名無名ではなく、お互いの人生に心から共鳴できるものでありたい。


自分のやるべきことだけを心の中心に据えて、何があっても、人にどう思われようと、どんと構えていられるようにならねば、と心に喝を入れなおしました。

このパーティでは、せっかく古川さんにいただいた機会を私は無駄にしてしまいましたが、古川さんをお祝いしたいという思いだけは達成できたので、よしと思うことにしました。


三途の川岸から戻られて

古川さんは、一度、脳梗塞で三途の川を渡りかけています。

ぜひともこちらの講演のビデオをみなさんに一度ご覧いただきたいのですが、最後に声を詰まらせながら、「自分はみんなをエンパワーするために、この世に戻された」とおっしゃっているところには、思わず号泣しました。




昨年、アメリカの別荘に夫婦でお招きいただいたのですが、私たちのお世話のため、古川さんは滞在中ずっと杖をつきながら歩き回られていました。しかも、出発の朝には私たちよりはるかに早く起床されて、飛行機で食べるようにとスクランブルエッグ入りの美味しいマフィンまで持たせてくださいました。

私たちのために何故古川さんがそこまでやってくださるのか、その時はわかりませんでしたが、この動画を観た今ははっきりわかります。

今回のパーティも、ご自身のお誕生会だったに関わらず、参加者の皆さんに楽しんでいただくためのセッティングや、人を繋げる仕組みのために、睡眠を削ってまで作業されたようです。

全ては周りの人をエンパワーするために…!


インスパイア、そして、エンパワー

私は最近、人生のミッションを、「人を楽しくインスパイアし、エンパワーすること」としています。

もちろんこのエンパワーという言葉は、古川さんのTED講演からいただいたものです。「癒し」からもう一歩踏み出して、起爆剤を仕掛けるような言葉がないかなと探していた時にこれだ!と思った言葉でした。

実際、私が以前ADHDとわかったとブログで書いたときに、古川さんに「ボクもです。こちらの世界へようこそ!」とfacebookでコメントをいただき、少し戸惑っていた私は強力にエンパワーされました。


アダルトチルドレンやADHDを原因とした自殺衝動の暗闇から一足先に脱出できた分、今現在苦しんでいる人を解放したい、元気付けたい、最近ますます私はそう思います。

相変わらずときどきグラグラと揺れてしまう私ではありますが、そんな時は立ち止まって、きちんと地面に足をつけて、今やるべきことだけに集中して進んでいこうと思います。


ダメな自分を出したら気楽になった

最後に。以前の私だったら、貧血とはいえ素敵なパーティを這々の体で逃げ出したなんて、恥ずかしくて書けませんでした。

でも平気な顔をして取り繕って自分の中に膿を貯めるよりも、ダメなところをさらけ出して、誰かに笑ってもらったり、共感してもらった方が、気が楽になると思うようになってきました。


人づきあいが得意でない上に、あらゆることが上手く出来ず、恥を重ね続けている人生ですが、もし同じように悩んでいる方がいらしたら、こんな解決法もありますよ、と提示させていただければ幸いです。


20170731_143822234_iOS.jpg
お料理上手な古川さんが作ってくださった美味しいエッグマフィン。スターウォーズの袋入り。このお心遣いに、機内でキリストと泣きながら食べました。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ブログの更新情報をメールでお送りします♪メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。